発達障害と空間の構造化

皆さん、特に女性の方

ご自宅に「自分の部屋」「プライベートな空間」ってありますか?

私はないです。

我が家の個室の割り振りは、「夫・子ども1・子ども2・夫婦の寝室」。

私は、リビングの一角の机で作業しています。

ASD発達障害と構造化
jjい

この、「私がリビングで仕事(とかzoomとか)をする」生活が、我が家にさざ波を立て始めておりまして。。

なぜなら、コレは、我が家が今までずっと意識してきた、「生活空間の構造化」を崩す行動だから。

私がリビングでPCしたりしていると、

「落ち着かない」と。

(私もほうも、換気扇やシンクの水道音・家族の話し声などが聞こえるリビングでの仕事、落ち着かないですが)

家族それぞれが大なり小なり発達系の特性を持つ我が家では、

「一つの場所でひとつの行動」を心がけています。

例えば、

ダイニングテーブルは食事する場所

子どもたちが勉強するのは子ども部屋

リビングはみんなが「くつろぐ」場所

・・・なので、勉強や仕事は、基本自分の部屋で、というのが、我が家のルールでした。

私が仕事を始めるまでは。

これは、アメリカ・ノースカロライナ大学が提唱している、ASDとその家族がよりよく暮らすためのプログラム、通称

「TEACCHプログラム」を、我が家に取り入れている例です。

ちなみに、子どもが小さい頃は、もっと細分化した構造化を心がけていました。

でも近ごろは、空間の構造化をざっくり意識するくらい。

逆に言うと、最後まで残ったゴールデンルールが、「リビングの使い方」だったわけで。。

それを、私が崩しているんですよね。。。

もちろん、今までもルールが崩れる時期はありました。

例えば、

夫のチェック前(資料を広げて勉強する必要あり)

私の行政書士受験前(参考書だらけのリビングで勉強)

とか。

でも、私の「リビングで仕事」は、無期限に続くかもしれない。

変化を受け入れるのに、ちょっと時間がかかる家族ですが、

「私の仕事を応援してくれていないわけではない」

(表現ややこしいけど、まさにこんな感じ)

私もできる限りの工夫をして、メリハリのある働き方・時間の使い方を模索していきます。

発達系のご相談、ご夫婦関係のご相談、お受けしています。前向きに修復を目指す方の応援もいたします。